2017年関西ハムフェスティバル‐1

本日、そして明日の2日間で関西ハムフェスティバルが大阪府池田市で開催されています。 今年はSOTA日本支部の初の展示会デビューとして参加しました。

今日は、朝4時起きで、羽田空港からの始発便で大阪入り。 9時に関ハムの会場である池田市民文化会館に到着しました。 前日から搬入準備をしていただいた有志の皆様と設定を行いました。

この時メーカースタンドのある一角がとてもピリピリした雰囲気。 開場の10時前には一歩も入れませんでした。 どうもYaesuのスタンドで新製品が発表されるという噂で持ちきりでした。

予定通り10時に開会セレモニーが開催され、関ハムのスタート。 司会のMASACOさんのちょっとしたハプニングがありましたが、開会式終了。 まずは気になっていたYaesuのスタンドに行ってみると・・・・ ありました。 新製品のFT-65ハンディトランシーバーです。 説明員の方も昨晩になって初めて搬入されたものということでした。

FT-65は右側です。 左は少し前に発表されたFT-70D。 FT-65は機能的にはFMの144MHzと430MHzのリグであり、APRSもC4FMなどのディジタルモードも無く、目新しいところは無いのですが、山岳移動を意識して、非常事態の警報機能と長時間バッテリー、そして、この定価29,800円という安さが売りのようです。 実売価格はおそらく2万円強、程度となるものと思います。 発売は7月末との説明でした。

次はICOMのIC7610です。

目新しいところは、この二つでした。

午前中はとても多くのお客様で大変な活況でした。

午後になると少しは人の数も減りましたが、初めての関ハムは非常に忙しい1日となりました。

夕方5時に第1日目の終了。

SOTAの皆さんで石橋駅近辺の飲み屋で、慰労会を行い、とても盛り上がりました。 「ツカレナオース」

明日も池田市民文化会館にてお待ちしております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*