「DX」タグアーカイブ

KH2出張

昨日、5月3日に日本を出てKH2グアム島に来ています。

連休後半の初日であり、とても多くの人が成田空港に詰め掛けていました。 成田から3時間のフライトでグアム島に到着。

イミグレーションでは、散々「何でこんなにパキスタンに入国しているのか?」、「何故アルジェリアに行ったか?」、「イランに行った目的は何だ?」としつこく質問され、ほぼ罪人扱いでした。 セキュリティに厳しいのは逆に安心もしますが、大統領が変わってから明らかに入国審査が厳しくなった気がします。

ホテルについてから、夕刻に少しだけKH2/JH0CJHで運用してみました。 ハイバンドのコンディションが良いようです。 Esが出ているものと思います。 29MHz FMでもだいぶQSOが出来ています。

今日は朝から仕事でしたが、明日は少し時間が取れますので、また聞いてみたいと思います。

 

VK/ZL – EU SOTA party

先週の土曜日はSOTAでVK/ZL – EU SOTA Partyが開催されました。 文字通りオーストラリア、ニュージーランドと地球の正反対にあるヨーロッパ各国との間で山の上からQSOをしようというイベントです。

この機会に他の各国からもSOTAの愛好者が山岳移動を行いました。 私も山梨県の都留市にある九鬼山と大月市の馬立山からQRVしました。

この九鬼山から出ていた時に21MHz CWで呼んでいただいたオーストラリアのVK5CZ、Ian氏からこの時の写真を送ってもらいました。

20161022_161628

なんとIanは、モービルホイップにIC-706での運用だったようです。 こちらも、FT817NDで出力たった5Wにダイポールアンテナですから、やはり山の上からのQRVは、すばらしい醍醐味です。

 

29MHz FM QSO

今日は何となくEsが出そうな予感。

仕事をしながら家で29MHz FMをのんびりと聞いていましたが、一瞬ロシア、ハバロフスクのRW0CD局のCQが聞こえて、呼んでみました。

このQSOのあとはさっぱり聞こえなくなってしまい、一瞬の出来事でした。

RW0CD局は私が5Z4や9M2で出ていた時にも呼んでくれた局でした。 この時はCWでしたが、電話でも96年に50MHz SSBでQSOできたハバロフスクの局です。

カメラを持ちながらQSOしていますので、画像がブレてすみません。 日本語がうまいですね。 名前を「100%判りません」というのは、「判りました」の誤りと思いますが、ご愛敬です。

 

9M2JKL運用

今日はクアラルンプール市内にある「日本人クラブ」の9M2JKLでアマチュア無線の運用をさせていただきました。 「日本人クラブ」は、以前来た時よりもセキュリティが格段に厳しくなっていました。 そのほうが安心ではありますが。

9M2JKLは今から7,8年前に出張時に運用させていただいたことがあります。 「日本人クラブ」にはレストランもあるので、その後も何度か食事だけに行ったこともあります。 無線の運用については、「日本人クラブ」という場所での運用時間に制限もあるので、その後は自分でMCMCに直接コンタクトしてライセンスを受領してホテルから運用しました。 合計4回の9M2/JH0CJHのコールサインでのQSOは914局です。 今回の出張ではライセンスはもらわず、QRVの予定もありませんでしたが、なんとなく日本人クラブに行ってみたくなり、本日朝、いきなりですが、現在の9M2JKLの部長を務めるJA7LMU木村さんに電話してアポ取り、13時半に待ち合わせをしました。

9M2JKLのアンテナが少しアップグレードされていました。

antenna

1時間ほどCWで運用させてもらいました。

コンディションはあまりよくなかったようですが、6局との交信が出来ました。 木村さんによれば先週よりはコンディションも良かったようです。

  • 21MHz CW: JN4MMO, JG2NLN, JN1RQV, BH7JUO, JA6JCL
  • 14MHz CW: JM1SZY

他にも18MHz、28MHzにも出ましたがQSOできず。

IMG_0440

1時間だけの運用でしたが、本当に楽しかったです。

休日であるにも関わらず来ていただいた木村さんはじめ、コールいただいた各局ありがとうございました。

明日はDUに移動します。 残念ですがQRVの予定はありません。

 

神奈川県秦野市頭高山山頂

神奈川県秦野市頭高山山頂(JCC#1112)

今日は近場の楽ちんハイキングにしました。

目的地は秦野市の「頭高山(ズッコウヤマ)」、標高303mの低山です。

小田急線の「渋沢」で降りて、ずっと歩いて行けます。

歩き始めて、すぐに「國栄稲荷神社」の前に大きなイチョウの木が立っていました。 樹齢400年の天然記念物らしいです。 歩道が写真のように木の周りをまわっています。

ichou

そのまま「渋沢中学校前」まで市街地を歩いていき、中学校前から「頭高山」の登山道が始まりました。

アジサイの花がきれいです。

ajisai

「峠隧道上」あたりに展望台がありました。 素晴らしい丹沢の景色です。 ベンチも用意されていました。

tanzawa

しばらく渋沢丘陵の里山の風景の中を歩くと、「かりがねの松」という祠がありました。 昔、京都から都に上がるお姫様が、このあたりで遭難した伝説があるようです。

karigane

「頭高山」直前でも、丹沢の山が良く見えるところがありました。 良い天気になってきました。

tanzawa2

表丹沢の山の名前が書かれた案内板がありました。 この中で登っていないのは「新大日」と「木ノ又大日」だけになりました。

tanzawa3

「頭高山」、303mの山頂に到着。 「渋沢」の駅から1時間くらいです。

zukkouyama

山頂には東屋がありました。 ちょっとアンテナの設置が面倒でしたが、東屋の屋根に立てかけて設置しました。

zukkouyama2

今日は、JA1コンテストが開催されていたようです。 また、Eスポが出ているようで、あまり呼ばれませんでしたが、RTTY、CW、SSBでCQと呼びまわりで遊んでいました。

shack

12時を過ぎたあたりから、昨日と同様に、中国上海局と台湾局が聞こえましたので、コールして取ってもらえました。 5W+ダイポールアンテナです。 上海のBA4RFはCWで、台湾のBV0VQPはSSBでのQSOです。

QSOの様子は撮影できませんでしたが、QSO後の受信状況です。

5Wといえば、豆電球が点くか、点かないか、くらいの電力ですが、こんな小さな電力で何千キロも離れたところと話ができるというのは、やはり素晴らしいです。

その後、CQを出していると、韓国からもコールがありました。 今日はEsで大満足です。

今日の結果

  • 50MHz SSB : 11 QSO (DX 2 QSO)
  • 50MHz CW : 4 QSO (DX 1 QSO)
  • 50MHz RTTY : 3 QSO

合計 18QSOとなりました。

今日のルートです。 左の下の部分が「頭高山」です。 山麓を一周して帰ってきました。

zukkouyama_map

これは高度。

zukkouyama_alt

低い山で辛い登りも無く、楽しい山歩きとなりました。

 

50MHz Es オープン

今日は年に1度あればいいくらいの50MHzのEs大オープンでした。

16時くらいから九州の鹿児島を中心に開け出し、九州全体が良く入っていました。 21時近い現在でも鹿児島がずっと聞こえています。

とても安定した大オープンで17時ころには韓国も強力に入感していました。

この強力なEsオープンが箱根の地震と関係ないといいのですが。

DS4AOW 50MHz CW

HL4CHH 50MHz SSB

 

50MHz DX Condition

昨日、EAから帰国しました。 今日はどこかの山の上からQRVしたいところでしたが、天気も良くないので断念。 家で仕事をやっていました。 午後から50MHzのコンディションが良いという情報を聞きつけて、聞いてみると、ニューカレドニア島のFK1TKが非常に強く入感しています。

あまり無線に詳しくない方もここを見ていただいていると思うので一応説明しておきますが、普段50MHzという周波数バンドはVHFで自宅からだと関東一円くらいしか聞こえない周波数で、これだけ海外が聞こえるのは年に何度もあることではありません。

あまりにも強いので、余裕で録画カメラを設定してからQSOしてみました。 もともと自宅からは南方向は開けているのでEsが出ると強い方向ではあるのですが・・・ 出力は100W、アンテナは4エレのHB9CVでこんな余裕があるのです。

これに気を良くして、周りを探してみるとフィリピンのDK7GG/DU6

オーストラリアのVK6DXI

オーストラリアのVK4MA

と立て続けにDXとのQSOができました。

今日は山に行かずに正解だったようです。

でも、私の経験では、あまりにもEsが強く出ているときは地震が起きる可能性が高くちょっと心配です。

 

5Z4/JH0CJH運用Log

本日夕方、成田空港に到着し、自宅に帰宅することができました。

すでに自宅には13通のSASEが届いておりました。 内容を確認の上、順次返信していきたいと思います。 もう少しお待ちください。

sase

今回の期間は土日が2回あったことと、とくにハイバンドのコンディションが抜群に良かったこと、そして何よりJAがゴールデンウィークで皆さん深夜、早朝に時間を使えたことがあったと思いますが、Dupe無しでQSO数は2,550となりました。

大陸別分布はこんな感じです。

5z4jh0cjh_qso

そして、成田からの帰りのバスの中で見つけたのは、JM1SZYさんが運用の様子を録画してくれていました。 写真のクリックでU-tube動画へリンクします。

5z4jh0cjh_video

QSOの内容から5月5日の21MHz、UTC18時ころですが、一番QSBが厳しいころだったと思います。 このため、ちょっとペースが落ちています・・・・・言い訳してます・・・・笑。  SZYさん、ありがとうございました。 とても参考になります。

ビデオ開始後1分50秒ほどにあるスペイン局との交信時には、やはりQSBの周期が短く深いので、5NNのリポートがESNNに聞こえています。 打ち間違えている訳ではありません。 今回苦労したXTKさんとのQSOも、この後の18時43分になっています。

今回の運用で一番効率が良かった時間は、4月25日のUTC21時(ケニア時間26日土曜00時、日本時間26日土曜の06時台)の18MHzです。 このときは1時間で90QSOを達成。

次が翌日4月26日土曜のUTC20時(ケニア時間26日土曜23時、日本時間27日日曜の05時台)の18MHzです。 このときは1時間で85QSOとなってます。

3位は、翌週5月4日日曜のUTC20時(ケニア時間4日日曜23時、日本時間5日日曜の05時台)の18MHzです。 このときは1時間で80QSOとなりました。

このように、18MHzのコンディションをはじめとしたハイバンドが非常に良かったようです。

尚、オンラインログをアップデートしましたので確認してください。 とくに後半のQSBを伴う時間帯では、あまり自信がありませんので、もし自分のコールがないという方がおられましたら、QSOの日時、周波数、リポートをメール(コールサイン アットマーク jarl.com)や、ここへのコメントにて連絡ください。 私のミスと思われるものについては、あくまでも私のポリシーに基づいてログ修正を行います。

たくさんのコールをいただきありがとうございました。

 

Thank you very much for calling me during my staying in Nairobi Kenya.  On line log has been uploaded after came back to home today.  Please send SASE request after your confirmation of this log.  There was a big QSB with short cycle, then some of callsign I got may have some mistakes.  Then please contact me, if you could not find your callsign in my on-line log.  You can send e-mail to jh0cjh (at mark) jarl.com, with your callsign, date and time and RST report.  I can correct my log as per my policy if I can identify my mistakes.

Thanks again for your support during my staying.  Cheers mate.

 

 

 

50MHz Open

今日は、朝10時過ぎまで爆睡していました。

おかげで何処にも出かけることなく、家でいろいろ片付けをやっていましたが、午後から50MHzのコンディションが良かったようです。 フィリピンあたりから開きだして、オーストラリア、ニューカレドニアが午後ずっと良く聞こえていました。 私のところでは聞こえませんでしたが、南米アルゼンチンも開いていたようです。 一時は50.150MHz以下で聞こえる局は全部DXになり、相当な賑わいでした。 私も50MHzでCW、RTTY、SSBで合計9つのDX QSOが出来ました。

  • DU : 3 QSO (CW 2, RTTY 1)
  • VK : 5 QSO (CW 2, RTTY 2, SSB 1)
  • FK8 : 1 QSO (SSB 1)

あまり強いEsが出ると地震が心配です。 何事も無いといいのですが。