「FM」タグアーカイブ

群馬県前橋市地蔵岳

群馬県前橋市地蔵岳(JCC#1601, SOTA#JA/GM-026)

赤城山最高峰の黒檜山、そして駒ヶ岳から下山して、宿泊予定の赤城公園キャンプ場に向かいました。 ここは無料のキャンプ場ですので、とても人気が高いようです。

まだ同行のJI1IHV局とJI1UPL局は来ていないようなので、適当に場所を探してテントを張りました。

30年以上前から使っているダンロップのテントです。

しばらくすると、JI1IHV局とJI1UPL局が現れテント泊の準備を始めました。

夜にもう1局極秘作戦で登場するということでビールを飲みながら待っていましたが、私は途中でダウン。 椅子に座って爆睡してしまいました。

夜8時に某局登場。 手際よく肉汁を作っていただきました。 うまかったです。 ワイン、焼酎とだいぶ飲みすぎました。 UPL局は明日の登山があるんだから、あまり飲まない方がいいとカミさんのようなことを言ってました・・・・笑

そのころから雷が鳴りだし、大雨になり結局テントでは寝ることができず車で寝ました。

翌朝、昨晩の雨は嘘のように晴れ渡り、大沼がきれいです。

正面に見えるのが本日登る地蔵岳1674mです。

夜登場した某局はとても忙しいため早朝にすでに帰路についてしまいましたので、JI1IHV局とJI1UPL局の3人で地蔵岳に向かいました。 見晴山駐車場に車を停めて3人で出発です。

登山口にはこんな注意書きがありました。 実はこれが本日の事件に・・・・

途中から結構な急坂もありましたが、1時間で地蔵岳の山頂に到着。

素晴らしい景色です。 標高もあるので涼しくて最高。

これは前橋市街方向

地蔵岳の山頂にはテレビ各社のマイクロ波中継施設がたくさんあります。

地蔵岳という名前の通り、お地蔵様が並んでいました。

早速アンテナを設営。

今日も14MHzから開始しました。 クラスターにも載せてもらったようです。 とてもたくさんの局に呼んでもらえました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 27局
  • 18MHz CW : 1局
  • 21MHz CW : 6局
  • 50MHz CW : 23局
  • 50MHz SSB : 7局
  • 144MHz FM : 9局
  • 430MHz FM : 21局

合計94局です。 赤城山はロケーションが良いことと土曜日であったこともあると思います。12時半までやってCLとして下山しました。

ところが、下山しはじめるとすぐに慌てて山に登ってくる2人の登山家から、「すぐそこに熊がいる!」ということで、急遽下山ルートを変更。 山頂まで戻って大沼方向の登山道を下りました。 朝の注意書きが現実になってしまいました。 遠回りで下山し始めてから途中で戻ったこともあり2時間かけて駐車場まで戻りました。

本日のルートです。

そして高度。

JI1IHV局とJI1UPL局は本日家に帰るということで途中で別れ、私は「富士見温泉見晴らしの湯ふれあい館」で風呂に入りました。入浴料510円で安い。大広間で仮眠もできます。 この温泉施設は隣が道の駅でとても便利です。

この2日間赤城山を登り大満足です。 JI1IHV局、JI1UPL局、そして夜だけ参加した某局、本当に楽しかったです。

明日は新潟で小中学校の同窓会があるので、新潟に向かっています。 明日も新潟のどこかの山から出てみます。 今日は谷川岳PAで寝ます。 涼しくて快適です。

 

群馬県沼田市黒檜山

群馬県沼田市黒檜山(JCC#1606, SOTA#JA/GM-023)

昨日の金曜日から夏休みで、SOTAを楽しむ仲間と赤城山にキャンプに来ています。

昨日23時半頃に家を出て、途中で仮眠を取りながら車で夜通し走ってきました。

朝、赤城山の大沼の黒檜山の登山口の駐車場に着いたのが4時半。 準備をして登山口に向かいました。

黒檜山の登山口からいきなり急坂が始まります。

大きな岩がゴロゴロ横たわる中を登っていきます。 猫岩と呼ばれるところから大沼がよく見えました。

正面に見えるのが地蔵岳です。 赤城山はこのようにいくつかの山からできていて2万数千年前は火山だったようです。 大沼はその火口が陥没してできたカルデラ湖です。 黒檜山はこの赤城山の中での最高峰1828mです。

猫岩近辺の岩は大きくどれも火山でできた安山岩です。

1時間半ほどで黒檜山の山頂に到着。 急坂ではありますが、思ったほどつらい登山ではありませんでした。

山頂からの風景です。

朝7時で雲海の中にいくつかの山が見えます。 日光、足利、那須方面の山です。

山頂から2分ほどのところに見晴らしの良い場所があるらしく荷物を全部山頂において行ってみました。 沼田市から武尊山方向だと思います。

山頂まで戻りアンテナを設営。

14MHzからQRVしました。

本日の結果

  • 14MHz CW : 13 局うち1局はニュージーランド
  • 18MHz CW : 10 局
  • 21MHz CW : 9 局
  • 24MHz CW : 6 局
  • 28MHz CW : 3 局
  • 29MHz FM : 1 局
  • 430MHz FM : 2 局

合計 44局でした。 平日でしたがたくさんの方に呼んでもらえました。

黒檜山を後に赤城山外輪山の駒ヶ岳の方に行くことにしました。 黒檜山と駒ヶ岳の間に御黒檜大神と呼ばれる神社が祀られていました。

大ダルミまで降りてからまた登りなおしです。大ダルミから見た駒ヶ岳1685mです。

しばらく登って駒ヶ岳山頂に到着。

ガイドブックでは見晴らしがないということでしたが、大沼がきれいに見えました。 ちょうど対面あたりが本日泊まるキャンプ場です。

南方向は霧で視界がありませんでしたがおそらく前橋、高崎方向が見えたのではないかと思います。

急坂を下って駒ヶ岳の登山口に到着。

時間もあるので覚満淵という沼に行ってみました。

この沼は一周しても30分ほどで素晴らしい景色が楽しめます。 散歩できているかたもたくさんいました。

覚満淵を1周したあとは黒檜山の登山口に向かいました。 途中、赤城神社という大沼の中に飛び出た小鳥が島を通って駐車場まで戻りました。

本日のルートマップ。

そして、高度です。 8kmほどの路程となりました。

赤城山の黒檜山は景色も良く、いろいろと見るところもあるので、とても楽しい登山となりました。

 

奈良県御所市大和葛城山

奈良県御所市大和葛城山(JCC#2408, SOTA#JA/OS-001)

昨日までの関ハム出展を終え、今日は昨年同様、関西地区のSOTA山に登ってみました。 行く先はいろいろと考えましたが、最終的には大阪府最高峰、大和葛城山、標高959m、SOTA JA/OS-001に登ることにしました。

朝5時に起床、ホテルに荷物を預けて、電車を乗り継いで富田林駅まで。 予定よりも早く着いたのですが、乗るバスを間違えてしまいました。 バスの運転手さんによると15分ほどで正しいバス「水越峠行」が来るので、途中でベンチのあるバス停で降りることにしました。 そこまでの料金は150円ですが、100円払って残りを両替したのに、「もう、ええわ払わんでも。」ということ50円は要らんということでした。 関西の人は本当にやさしい・・・・人情にあふれていますね。 だから関西が大好きなのです。

あとからきた水越峠行のバスで終点「水越峠」まで。

下車して、早速歩き出しました。

水越峠から大和葛城山までの登山道は、とにかく最初がきついです。 しばらくすると尾根伝いの道になり楽ちん。

上の写真は山頂付近ですが、5月にはこの山一面がつつじで満開になるらしいです。

ようやく山頂が見えてきました。

暑くてばてながら登りましたが、2時間ほどで山頂到着。

山頂にはこんなモニュメントがありました。

大和葛城山の山頂はとても広くどこでもアンテナが建てられますが、逆に木がないのでダイポールは場所探しに苦労しました。

とりあえず、良い場所を見つけてアンテナ設営。

快晴です。 日陰はありません。

リグの熱暴走を守るのに自分の帽子を貸してあげたので、自分は炎天下の中で運用することになりました。

11時ちょうどからスタート。 いつものように14MHzからどんどん上がっていきましたが、多くの人に呼んでもらいました。

  • 14MHz CW : 16 QSO
  • 18MHz CW : 7 QSO (うち1局がニュージーランド)
  • 21MHz CW : 15 QSO
  • 50MHz SSB : 2 QSO
  • 430MHz FM : 19 QSO

合計 59 QSOとなりました。

JH3JFF局には帰りの時間まで気にしていただき、水越峠から車で送っていこうかとのことでしたが、すでに同じルートを戻る時間もなく、反対側の奈良県側に下山し、途中からロープウェーで帰る予定だったので、ありがたいお申し出でしたがお断りし、奈良県側に下山。

ロープウェーの下山駅から約4キロを歩いて「近鉄御所駅」まで1時間、これも超炎天下を歩いて帰りました。

暑い一日ですが、多くの局に呼んでもらいました。 あらためてこの3日間ありがとうございました。

 

沖縄県南城市糸数城

沖縄県南城市糸数城(JCC#4715, SOTA#JA6/ON-048)

妙山での運用の後は南城市に向かいました。

糸数城の近くでソーキそばを食べました。

その後は糸数城跡の近くで運用。

さんぴん茶を飲みながら運用しました。

14MHzではクラスターにあげてもらったようで、とんでもないパイルアップになりました。 うれしい悲鳴です。

しばらく運用したあとJS6TMW Steveさんが遊びに来てくれました。 すぐ近くにもう一つSOTAポイントがあるから430MHzでS2Sをやろうということですぐに出かけていき、S2SでQSOをした後戻ってきていろいろと話をしました。 沖縄に住んで14年だそうです。 日本を好きになってもらえるのはとても光栄ですね。

糸数城跡を案内してもらい、記念撮影。

関西ハムフェスティバルで再会しましょうと約束しました。

糸数城での成果です。

  • 14MHz CW : 31 QSO
  • 18MHz CW : 5 QSO
  • 21MHz CW : 10 QSO
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 430MHz FM : 1 QSO

合計 49 QSO

このEsシーズンに沖縄出張がはいるという絶好のタイミングでした。

月曜の仕事の後、帰宅しました。

 

東京都港区移動

東京都港区(JCC#100103)

今日は朝から晴れるのか雨なのかよくわからず山行は計画していませんでしたが朝から晴れ。 今週6mも2mもEsで大オープンがあったようですが仕事中では当然QRVもできません。

今日もコンディションが開けるかな思い、いつもの公園に出かけてみました。

昼頃に沖縄が50MHzでオープン、北海道も聞こえていました。

のんびりとQSOを楽しみました。

  • 50MHz SSB : 6 QSO (1局は沖縄)
  • 50MHz CW : 2 QSO
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 12QSOでした。

しばらく運用していると、突然海岸警備隊の船が何艘もレインボーブリッジの下を通過し沖に向かっていきました。

とてもたくさんの人が乗っていましたので何かのセレモニーだと思いましたが、海上保安庁の発足70周年の観閲式があったようで、TVのニュースで報道されていました。

明日は朝一のフライトで沖縄に向かいます。 昼前からQRVできると思います。 明日一日で2山からQRVします。 聞こえていましたら是非コールお願いします。

 

新潟県柏崎市刈羽黒姫山

新潟県柏崎市刈羽黒姫山 (JCC#0805, SOTA#JA/NI-076)

一晩明けて今日は刈羽黒姫山(以下黒姫山)、標高891mに登ります。

黒姫山は米山よりも標高は低いですが米山よりも内陸側にあり、柏崎市でも雪の多い高柳地区で、おそらく米山よりも残雪が多いはず。

今までに何度か運用したことのある、黒姫キャンプ場の近くに車を停めました。 キャンプ場入り口もこんな感じで残雪で車は入れません。

やはり昨日の米山とは雪の量が違います。

ところどころ雪の無いところもありましたが、そんなところにはフキノトウやすみれの花、カタクリの花が咲いていました。

どこが登山道かわからない状態で迷いそうな感じもしました。 というよりも迷いながら登る感じです。 ピンク色のリボンなどもなく勘だけが頼り。

一面銀世界のようなところです。 ただ一人だけ先行している方の足跡がありました。

だいぶ登りました。 あと一息。

登り始めて1時間半、ようやく黒姫山山頂、891mに到着。

山頂からは米山のような360度の展望ではありませんが、すばらしい絶景です。

山頂には避難小屋もありました。

しかし、登っている途中からですが、とにかく小バエが多く大変です。 しかも刺されるので大変。 絶えず動きながら小バエを追い払いながらアンテナ設営。

黒姫山のシャック

14MHzから運用をスタート

  • 14MHz CW : 2 QSO (北米とニュージーランド)
  • 18MHz CW : 1 QSO (オーストラリア)
  • 21MHz CW : 4 QSO (ニュージーランドとオーストラリア3局)
  • 28MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz CW : 5 QSO
  • 50MHz SSB : 6 QSO
  • 144MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz FM : 2 QSO

合計30QSOとなりました。

とにかく小バエの数が尋常ではなく悩まされたのですが、多くの局に呼んでもらえました。

2時に撤収して下山開始。 登りとは違って今回は後から登ってきた人がすでに下山していたので足跡をたどるだけで簡単に下山できました。

本日のルート

高度です。 登りでGPSのスイッチを入れ忘れてしまい、下山部分だけです。

下山後は高柳の「じょんのび村」で温泉につかり、すっきりしたところで十日町の「うれっ子」で焼きそばをたべて帰路につきました。

 

神奈川県伊勢原市聖峯山頂

桜の花も今週末で終わりですね。 これだけいい天気が続くと散り際も早いようです。 そんなわけで土曜日はカミさんと花見に近くの桜の名所を2カ所ほど見学。 風が吹くと桜吹雪でした。

今日は朝から伊勢原市の聖峯、標高375mに登ってきました。 久しぶりにSOTA山でない山の山行となりました。

駐車スペースに車を停めて山頂を目指しました。 今日はハンディ機2台と特小1台なので軽い。 普段のずっしり肩に食い込む荷物とは違って楽ちんです。

途中ですみれの花が咲いていました。

20分で聖峯の山頂に到着。

標高375mと下界よりは寒いようで桜の花も満開。 全然散っていません。

スイセンの花も咲いていました。

遠くの方は春霞でしたが、江ノ島、三浦半島、東京新宿のビルが見えていました。

今日はハンディ機だけで、アンテナは144MHzと430MHzのGPを上げて運用しました。

今日はVUに加えて特小の無線機も持ってきたので久しぶりに出てみましたが6局も交信できました。 日向と大山のリピーター経由ではあるのですが、10mWでQSOできるというのはやはり感動します。

  • 144MHz FM : 10 QSO
  • 430MHz FM : 9 QSO
  • 430MHz DV : 5 QSO (湘南工科大RPT)
  • 特定小電力 : 6 QSO (日向、大山RPT)

合計 30QSOとなりました。

QSOの途中で声をかけていただいた方で、山登りをやっているが携帯も通じないところがあるので無線をぜひやってみたいという方がおり、アマチュア無線、SOTAの活動を少し宣伝してきました。

帰り道、チューリップがきれいに咲いていました。

今日から、新年度の始まりです。 仕事も遊びも新たな気持ちで頑張ります。

 

神奈川県南足柄市矢倉岳山頂

神奈川県南足柄市矢倉岳(JCC#1118, SOTA#JA/KN-016)

今日は南足柄市の矢倉岳に登ってきました。

今週末はSOTAで世界的に赤道横断伝搬(TEP)実験をやろうという話があるためです。 春分の日、秋分の日近辺にEsとは違う伝搬のTEPで50MHz以上の周波数で海外とQSOができた結果がいくつか報告されています。 今回結果としてはTEP伝搬と思われるようなものはありませんでした。

朝、車で足柄峠まで行ってから矢倉岳に向かいましたが、路肩には数日前の雪がだいぶ残っていました。 登山道に入ってからもアイゼンが必要ではありませんが、一部雪で滑りやすいところもありました。

足柄万葉公園に車を停めて登り始めて、ちょうど一時間で矢倉岳山頂、標高870mに到着。

山頂には1人の登山客がいるだけでした。

山頂の南には左から明神ヶ岳、神山、金時山が見えます。 どの山も雪をかぶっています。 神山には大涌谷の湯気、そしてその湯気が木々に凍り付いているようで、より一層白く見えます

これは小田原の町です、三浦半島とさらに向こうには房総半島が見えていました。

山頂にはミツマタの花が咲いていました。

早速アンテナ設営。

写真を撮った時は少し風もありましたが、その後風もやんで陽だまりの中で運用しました。

本日も先週と同じく、14MHzから始めて呼ばれなるなると、上のバンドに移動して行きましたが、430MHzまで全バンドQSOできました。 14MHzでは北米から2局も呼ばれました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 14 QSO(うち2局は北米)
  • 18MHz CW : 8 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO(うち1局はニュージーランド)
  • 24MHz CW : 5 QSO
  • 28MHz CW : 10 QSO
  • 50MHz SSB : 17 QSO
  • 50MHz CW : 4 QSO
  • 144MHz FM : 4 QSO
  • 430MHz FM : 3 QSO

合計 70QSOとなりました。

15時にCLで下山しました。

本日のルート。 矢倉岳と足柄峠のピストンです。

高度です。

今日もたくさんの局に呼んでいただき、ありがとうございました。

山梨県大月市高畑山、倉岳山縦走

山梨県大月市倉岳山(JCC#1706, SOTA JA/YN-061)

今日は山梨県大月市にある「高畑山」と「倉岳山」に登ってきました。

昨日は夜まで結構雨が強く降っていましたが、天気予報によると今日は快晴ということで、昨晩の雨から考えると本当かなと思うところもありましたが、ここは天気予報を信じて計画実行。

朝4時半に自然に目が覚めて準備開始。 まだ暗い5時半に家を出て東京駅から中央線で山梨方面に向かいました。

JR「鳥沢駅」に着いたのは朝7時40分ころで、早速高畑山方面に向かいました。

国道20号線から今日登る倉岳山がよく見えていました。 天気は快晴です。

山道に入ってすぐに道の横にきれいな渓流が流れていました。 このあたりは水源として使われるくらいきれいな水が取水できるようです。

急坂を登り、鳥沢駅を出てから2時間で高畑山、標高982mの山頂に到着。

いい天気なのですが、西方向だけ雲が出ていて富士山は見えませんでした。 少しだけ休憩してすぐに倉岳山方向に向かいました。

150mほど下ってから登りなおします。 途中で鳥沢駅の北側にある、扇山と百蔵山がきれいに見えていました。

高畑山から1時間半、鳥沢駅を出てから3時間半でようやく倉岳山山頂、標高990mに到着しました。

ここでも西方向だけ雲が出ていて、残念ながら富士山は見えませんでした。

しかし、今日は春の日差しがたくさん降り注ぎポカポカ陽気です。 早速アンテナを設営。

11時半ころから14MHzでスタート。 呼ばれなくなると順番にバンドを上がっていきました。 それほどコンディションはよくありませんでしたが、たくさんの局に呼ばれました。

おかげで今日は14MHzから430MHzまで全バンドでQSOが達成できました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO
  • 18MHz CW : 10 QSO
  • 21MHz CW : 5 QSO(うち1局はニュージーランド)
  • 24MHz CW : 1 QSO
  • 28MHz CW : 3 QSO
  • 50MHz SSB : 7 QSO
  • 144MHz FM : 3 QSO
  • 430MHz FM : 6 QSO

合計 41QSOとなりました。

呼ばれなくなったので、14時過ぎに撤収。

今日はスマホと登山中のポケットラジオを家に忘れてしまいましたが、全バンドでQSOできて何となくハッピー気分で下山を開始しました。

下山は反対のJR「梁川駅」の方に向かいました。 倉岳山山頂から下山を始めてちょうど2時間で梁川駅に到着。

駅近くの梁川大橋から今日の倉岳山が遠くによく見えていました。

梁川駅はちょっとモダンな無人駅です。

本日のルート

高度です。

今日は12km程度の行程になりました。

今日もたくさんの方に呼んでいただきありがとうございました。

 

神奈川県相模原市城山山頂

神奈川県相模原市城山山頂(JCC#111001、SOTA#JA/KN-022)

昨夜9V1から帰国しました。

本日は半年ほど前から予定されていたSOTAの世界一斉移動の日「VK JA ZL – EU S2S QSO Party」です。

EUとのオープン時間を考えてコアタイムを日本時間の15時半~17時半と遅いのでゆっくり出かけてもいいのですが、どうしても早く行きたい気持ちが抑えられず、結局5時起き。 目指す山は今日は下山時刻が遅くなるため、あまり高い山ではなく近場の楽な山にしました。 おそらく真っ暗になるのでヘッドランプも持って出かけました。 京王線で「橋本駅」まで行き、バスで「津久井湖観光センター前」まで。

朝9時少し前に到着。 ほとんど誰もいません。 天気ももう少しよくなると思ったのですが小雨がぱらつくような寒い朝でした。

山頂目指して歩き始めました。 昨日までの大雨で山道はだいぶ荒れていましたがぬかるみはありませんでした。

山頂近くの「飯縄神社」の裏にある「宝ヶ池」も水があふれています。

城山山頂、標高375mに到着。

早速設営開始。

最初はVUで出た後HFも開始。 コアタイムの15時半にはSOTAWatch2にぎっしりと世界中の山で運用している局が出てきました。

本日の成果

  • 14MHz CW : 6 QSO (うち北米1、オーストラリア1、ニュージーランド1)
  • 18MHz CW : 16 QSO (うち北米1、ロツマ島1、オーストラリア3、ロシア1、シンガポール1、中国1)
  • 18MHz SSB : 2 QSO (うちオーストラリア1、テモツ島1)
  • 21MHz CW : 3 QSO (うちオーストラリア2)
  • 50MHz CW : 1 QSO
  • 50MHz SSB : 9 QSO
  • 430MHz FM : 10 QSO

合計 47 QSOとなりました。

もう少しコンディションが良くなっていたらもっとできたものと思いますが、今回はEUはできませんでした。

すっかり日も傾いて寒くなってきましたので18時でCL

カメラが高感度なので実際はもっと暗いです。 すぐに撤収をして、ヘッドランプを付けて下山しました。

本日のルートマップ

そして高度です。

本日もたくさんの方、それこそ世界中の方から呼んでいただきありがとうございました。